会社案内

ごあいさつ


当社が本社を置く坂東市は、茨城県の南西部に位置し利根川を境に千葉、埼玉両県に隣接している人口5万6千人の中堅都市です。
この地で当社は昭和42年の独立開業以来、地元地域の皆様の暖かいご支援によって今日まで育てられて参りました。地元にご奉仕する当 社のサービス網も、 坂東、常総を中心につくば、牛久、つくばみらい、 守谷、下妻、野田と、年々そのネットワークを広げ、なおも着実な拡充を続けております。
折からの求人難、後継者難、異業種の参入など、今日のクリーニング業を取り巻く環境は決して油断を許さない状況にあるといえます。 しかし、 いま業界の将来を考えるとき、こうした厳しい経営環境の中で経営者は明確な目標を定め、業績向上への工夫と努力を怠ってはならないのです。
ライフスタイルの個性化が進む今日、クリーニングへの要望もやはり多様化しています。当社はこのような社会的ニーズにつねに柔軟な姿勢で対応しながら、 これからも地域とともに清潔な暮らしをお手伝いする総合クリーニング企業として、新しい使命感に燃えてさらなる努力を続けてまいります。
どうぞ末永くご愛顧いただきますようお願い申し上げます。
わたなべクリーニング
▲TOP

SPEEDY SAFETY GENTLE CLEANING

会社概要


会社名
株式会社 わたなべ
本 社
〒306-0632 茨城県坂東市辺田1133
設 立
1967年6月
代表取締役
渡邊 安明
資本金
1,000万円
従業員数
46名
事業内容
クリーニング業
活動地域
茨城県県南地区・千葉県北部
工 場
坂東工場(本社工場)
店 舗
29店舗(1取次店含む)
主要取引先
三菱UFJニコス株式会社、ららぽーとマネジメント
         イオンリテール株式会社、株式会社大利根カントリー倶楽部 他
取引銀行
常陽銀行岩井支店、筑波銀行岩井支店、千葉銀行守谷支店
お取り扱い品
一般衣類・着物・皮革・毛皮製品・ジュータン類・靴・バッグ・布団

LDマーク
「LDマーク」のお店は、全ク連の会員である47都道府県クリーニング生活衛生同業組合に加盟しているクリーニング店です。  組合に加盟している「LDマーク」店は、ファッションの多様化による新しい素材や加工などに応じた「プロの洗い技術」で、お客様に質の高いサービスを提供するよう心がけています。 また、万が一、クリーニングトラブルが発生した場合には、「クリーニング事故賠償基準」に基づいた対応でトラブルの処理にあたります。


組織図
▲TOP

SPEEDY SAFETY GENTLE CLEANING

経営理念


― やさしく 健康 きれいに 楽しく ―


一、私達はクリーニングを通して、常に創意工夫を心がけ未来環境への創造をし地域社会に貢献します
一、私達はひとりひとりのお客様と信用を築き最高の名誉と信頼によって必要とされるプロ集団を目指します
一、私達は共に成長をし自らを楽しみやさしさと笑顔がたえない会社を目指します
▲TOP

SPEEDY SAFETY GENTLE CLEANING

行動原則


この行動原則は、株式会社わたなべの大切な信念で職場に活力を与える事ができると確信しております。

1.お客様のご要望を先読みしてお答えするホスピタリティ(おもてなしの心)を持ち行動いたします。
2.お客様や働く仲間へあたたかい心のこもった挨拶、言葉遣いをいたします。
3.お客様にここちよいサービスを常に提供できるよう店内のムダ、ムリ、ムラをなくしていきます。
4.お客様や働く仲間が気持ちよく過ごせる環境づくりの為に日々、整理、整頓、清掃をいたします。
5.常に仕事の品質が向上できるよう業務上の「報告」「連絡」「相談」を確実に行います。
6.職場は私達のステージです。プライベートとのけじめをつけた行動をいたします。
7.仕事は後回しにせず、「即実行」「即行動」いたします。
8.私達が行動原則を実行し、お客様に感動して頂ける事ができたら、最高の喜びであります。


▲TOP

SPEEDY SAFETY GENTLE CLEANING

先輩の話


COURSE茨城エリアに掲載されました(クリックすると拡大されます)

心に火置付ける極意 〜メンバーがやる気になる動機づけのコツ〜
                             つくばエリアマネージャー

居酒屋甲子園1位に輝いた「寅“衛門」の社長、赤塚元気氏の講演という事で大変興味深く聴かせて頂きました。
離職の原因は何か?人間関係、良い職場関係(環境)が出来ていないから・・・良い関係、良い職場とは何か?
自分が思う良い職場(チーム)を作るためにはまず、「自分から」実践をすると教えて頂きました。「自分から」実践していくことで、それを見ているスタッフがいつか必ず付いてきてくれる。
私には「自分から」が足らないのだと反省しました。
「人が輝く7つの力」が良いチームワークを作ると教えて頂きました。
@夢力(目標)
目標に向かって挑戦し続ける力
ANo.2の力
誰かの為に誰かを担ぐ力(橋渡し役)
B楽感力
わくわく感、楽しいと感じる力
C他喜力
仲間を喜ばせたいと思う力
Dワンピース力
漫画ワンピースよりすべてに対して仲間を優先する力
E共有力
目標を達成させる為の方向性(ベクトル)が揃う力
F思感力
感謝を感じる力

その中で「No.2の力」の話は感銘を受けました。誰かは誰かのNo.2で皆が「誰かの為に」の意識を持ち行動することで、社長を頂点としたピラミッドがしっかり作れる。
居酒屋甲子園で「寅“衛門」のスタッフが発した「社長の夢は自分たちの夢」の原点はこの考え方なのだと感じました。
今後はまだまだ足りないNo.2力を「自分から」発して行こうと思います。わたなべの確固としたピラミッドを作る為、もっともっと努力をして行きます。



                               アルバイト 工場所属

私は、平成元年八月八日に誕生しました。
小さい頃は、元気に外で遊ぶことが大好きでした。
しかし、アトピーや喘息に悩まされ、病院に通うことが多かったです。
アトピーは特に夏にひどくなるので、髪の毛を伸ばしたくても「だめ」と言われ泣いていたこともあります。
喘息は、幸いにも小学5年生の頃には治りましたが、発作が起きるのは、夜遅くや明け方なので、病院の緊急時間でした。
そのため、翌日には必ずもう一度病院に行かなくてはなりませんでした。
その後は、好きなスポーツもできるようになり、今でも週1回の練習でフットサルをやっています。土、日には時々試合もありとても楽しいです。

私は、ガンコで負けず嫌いな性格ですが、これは母親譲りのようです。
私が渡辺クリーニングでバイトをしようと思ったのは、私には大切な人がいます。その人と一緒になるためにお金を貯めたかったからです。
お母さんに、「わたなべでバイトさせて」と話をしたとき「他でやれ」と猛反対されました。
しかし、そこであきらめる私ではありません。ガンコな性格があらわれました。
朝起きて顔を合わせるなり「バイトさせて」・・・・・
夜仕事から帰ってくるのを待って「バイトさせて」・・・・・
時間があれば電話して「バイトさせて」・・・・・と言っていました。
お母さんは私の電話に出なくなりました。しかし、まだ手はあります。そうです。メールです。
返事が来るまで「バイトさせて」・・・と送りました。
母からは「ストーカーだ」と言われましたが、 一か月位して、やっと「相談してみる」といってもらい、バイトをすることになりました。
初めは苦戦ばかりでしたが、工場の皆さんに優しく、わかりやすく教えて頂いたので今ではどこの場所でもできるようになりました。

そして、工場の皆さんの素晴らしいところは、メリハリがあるところです。
仕事は納期が遅れないように、ルートさんが時間に出られるようにと、みんなで協力して一生懸命頑張っています。
時には工場長の厳しい声が飛んできます。
工場の皆さんのチームワークが良いのは仕事だけではありません。
食事会などでは笑いが絶えない楽しいものになります。
みんな仲良く飲んだり食べたり騒いだりできるのも、普段の仕事を一生懸命頑張っているからこそできることだと思います。
工場の皆さんの飲みっぷりはどこの部署にも負けません。
そんな楽しい工場で、私はできる限りバイトを続けていきたいです。
私は、お母さんであり工場のマネージャーである母を尊敬しています。

バイトの私ですが、例え先輩方でも追い越す勢いで頑張っていきたいので、皆さんも追い越されないようにいつまでも元気で頑張ってください。
最後に私は工場の皆さんが大好きです。これからもよろしくお願いします。



                              勤務9年目 事務所所属

平凡な家庭に生まれたかった。
祖父母に育てられ、我慢する事を覚えた幼少時代。将来は平凡で良いから幸せな家庭を築き、自分の子供には不自由のない生活をさせてあげたいと子供心に考えていたことを覚えています。

高校卒業後、すぐに独立したため毎日食パンしか食べられないような極貧生活を体験しました。生きていくためには働くしかない!そう気付き、昼夜掛け持ちでのアルバイト生活。そこでお金の大切さを学びました。
21歳の時に縁あって私を幸せにしてくれる人と巡り合い結婚。子供にも恵まれ私の未来予想図は現実のものとなりました。
子供が大きくなった時、近所の工場で働き始めました。そこでPCに携わり、自分のやりたかった仕事を見つけました。事務職は天職だ!そう思った私は、早速ハローワークに行き、そこで「わたなべクリーニング」の求人と出会ったのです。
岩井生まれの私にとって「わたなべ」のブランドは魅力的なものでした。クリーニングと言ったら「わたなべ」子供のころからそう思っていた私は、運命を感じ、すぐに面接に向かいました。

会社に入ってからは、右も左も分からない私の面倒を見てくれたのは社長の奥さんです。私の失敗も嫌な顔一つせずにフォローしてくれました。おかげで嫌な思いをする事もなく仕事を覚えることができ現在に至っています。家族よりも多くの時間を共有することで、夫婦よりも分かり合い、理解しあえる関係を築けていると思っています。奥さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

仕事をする中で、社長からの無茶ぶりに絶句することが多々あります。心の中では「できるわけないじゃん」「またそんな事言い出して・・・」と、思いながらも、言われた通りに進めていくうちに何故か??社長の思惑通りに事が進み、いつの間にか無理だと思っていたことが出来ているのです。社長が敷いてくれたレールに乗って、知らず知らずのうちに着地点に辿り着いている不思議。

これぞ『わたなべマジック!!』
これからも凄腕マジシャンの渡辺社長の元で、株式会社わたなべの発展の一部となれるよう、前向きに努力していきたいと思っています。



親兄弟への感謝
                               つくばエリア店舗所属

私は物心つく頃から母に「高校を出たら就職する事」と教え続けられてきました。しかし高校生活をしていて、私は就職より進学したい気持ちが出てきました。すぐには言えませんでした。
ある日思い切って母に打ち明けました。案の定反対され、その日は大ゲンカとなりました。そして改めて考え直しました。私は両親の期待を裏切って自分の都合だけで道を進もうとしていました。本音を言えば、今の時代就職するのは難しいと聞いていたので、その不安から逃げようと進学してその不安を少しでも先伸ばししようと考えていたのかもしれません。

しかし、両親は今までの自分の考えでは世の中通用しない。それもこれも私の為を思って言い続けてきたのです。そのことに今まで気付けなかった私は、なんて愚かだろうと思いました。その日から私は就職活動に死ぬ気で取り組みました。

そしてついにこの会社に受かり、念願の就職を果たすことができました。
それからの私は毎日感謝の気持ちを家族に返すため、日々仕事に励んでいます。これからも両親の期待に応えるため頑張りたいと思います。



私の気持ちの持って行きどころは?
                               つくばエリア店舗所属

夫と同士になると決めてから30年が過ぎて行きました。
夫と私の間には16時間以上の時間差があり、それが原因のコミュニケーション不足と自分勝手な想い込み、すれ違いと外から見れば実にくだらない世界の中で生活しています。
結果として夫は一人誰に気兼ねする事なく自由です。私とくれば義父母との生活があり、近所付き合いがあり、親類との付き合いがあり、いろいろな事柄をやって当たり前。悲しいですよ!人間どんなに年を重ねても誉められたらその分成長すると、私は思っていますから。

その生活に慣れどうでもよくなり事後報告。そして報告なし。そんな時夫に起きたアクシデント。怪我をしました。私は16時間かけて夫の元へ向かい、まずは夫の住む家へ。
玄関、リビングと進むと部屋すべてに家族の写真が壁一面でした。寂しかった、辛かったとそんな想いが伝わってきました。

病院へ迎えに行きまた家へ戻ると夫は「見つかっちゃったね」と、笑って「ありがとう、本当にありがとう。」そう言ってもらった時、夫に会ったらウズグズ言って自分の報われない気持ちをどう訴えるかと考えていたのに、そんなことは何処かへ消えていき、なんだかものすごく幸せな自分をそこに見つけることができました。

まだまだ、どうしようもない生活が続きそうですが、夫の戻る7年後にはもう少し素敵な自分で有りたいと思っています。



株式会社わたなべ
〒306-0632 茨城県坂東市辺田1133
TEL.0297-35-1640